10.28
Wed
PA190018.jpg

サンフランシスコ空港にも自動入国審査端末のキオスクが大量に設置されていましたので、こちらで手続き開始です。
こちらはUSシチズン用の案内表示になっていますが、ESTA保持者で過去に米国入国歴のある方なら手続きできますよ。空港の自動チェックイン機と同じく日本語表示にも出来ますので特に難しい事なくあっという間に手続き完了です。

PA190022.jpg

コンベアアイランドから荷物をピックアップしたら、バゲッジリチェックの案内表示に従って進んでピックアップした荷物を再度預けて身軽になります。
結局、ゲートにブロックインしてからバゲッジのピックアップまでで約30分で完了した事となりました。想像以上のサクサク&快適入国でしたねえ。
但し油断禁物。乗継ぎのセキュリティチェックの順番待ちで20分程待たされたのは、想定外でしたけど。日曜日の19時頃、一番暇そうな時間帯だと思うんだけどねえ。
さあ、次の出発ゲートに向かって歩け歩け。

PA190024.jpg

ベガスへの出発ゲート64に到着した時は、18:50頃。まだ外は明るかったです。

PA190044.jpg

20分程の待ち時間後ボーディング開始です。
サンフランシスコからベガスへの機材B737のシート配置は3x3。比較的短い飛行時間ですので、窓側座席を選びましたが、窓が超汚くて視界悪し。
撮影を数枚トライしてみるも、残念写真撮影は諦めましたよ。

PA190047.jpg

恒例のレッグスペース写真はこんな感じ。
ベガスまで1時間半のフライトです。

PA190055.jpg

21:30頃無事ラスベガス到着。
お馴染みの光景にまた合えました。帰ってきたよー!って思う瞬間です。
荷物をピックアップしたらシャトルに乗ってレンタカーセンターへ。
今回は待ち時間ももとんど無く手続き完了です。
コンパクトクラス5日間 ¥32700 なり。

PA230260.jpg

今回4人旅ですが、国内移動はキューブを使用していたため、米国内での4人旅でコンパクトクラスの利用にも、全く不安は有りませんでした。4人+スーツケース中4個+数個のバッグ。問題なく収納出来ましたよ。
但し、長距離移動があった場合はミデイアムクラス以上を借りる事となりますけどね。今回は市内のみしか走りませんし。
今回借りだしたのはニッサン セントラ。(写真は翌日撮影したもの)
分かりやすく言うとブルーバード・シルフィーですね。たぶん排気量は1.8L。
コンパクト契約でしたので、レンタカーセンターでの借り出し時に車種はフォーカスを期待するも、駐車場に置いてあった車種はこのセントラが色違いで3台程。後はヒュンダイ・エラントラが数台。ならばと言う事で、このワインのセントラになった次第です。

乗り出して気になったのは、このセントラ、犬を載せていた使用歴があるようで、ペット臭がまあまあ気になるレベル。しかし同乗者全員犬を飼っているためかさほど大きな不満も出ず。でも明らかに少し獣臭い・・・。
これは初めての経験でしたねえ。

PA190085.jpg

向かった先はダウンタウンのThe D 。
昨年泊まって想像以上に居心地良いと言うか、コスパ最高だったもんでね。
だって税抜き1泊1部屋¥3500 なんですよ。
22:30頃チェックイン。

PA200087.jpg

アサインされた部屋は昨年より高層階の16Fで少し眺め良し。
但しシャワーのみで、昨年はあったはずの湯船はありません。が、部屋は充分な広さと快適なベッドで満足じゃ。

PA200124.jpg

時刻は23時頃ですので食事可能なお店はカフェか飲み屋さんとなります。
ここは迷わず飲み屋でしょ。トリプルセブン、ダウンタウンで有名なメインストリートステーション内にある地ビールパブに向かいました。
日曜深夜とあって店内は3割位の入りでしたかね。

PA190066.jpg

雰囲気あるステキな店内&美味しいビール。
個人的にはハイローラーゴールドが美味しかった。ラージサイズで$3.99は安いです!2杯頂きましたよ。

CIMG0382.jpg

以外と言っては失礼ながら、ピザも美味しかったです。
食事も出来る美味しいビアレストラン、おまけに安い。すっかりお気に入りとなりました。

Dに戻ったのは1時過ぎてました。
とは言えこのまま寝てしまうのはモッタイナイ話です。
分別有る大人はここで当然スロットを回す訳ですが、はたと気づけばマシンの前でうたた寝してました。
そう言えばまともに寝てないからねえ。
部屋に戻ったのは3:30頃。
この日の収支は +$50 でありました。
comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://na1800.blog96.fc2.com/tb.php/224-0d533eb6
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top