09.24
Wed
次回遠征まで1ヶ月を切りましたので、そろそろ楽しい妄想ともおさらばです。
全ての旅程を現実的なものに確定させる時期となってしまいました。
くーっ!なんか残念。

次回の遠征には私も連れて行ってくれ!
そんなお姉さん(全員親戚おばさん)が一人また一人と毎年のように増えて、なんと今回は総勢6名での大移動となりました。
車での移動や食事等を考えると、正直個人旅行が可能なMAXの人数ではないかと思うのです。
今まで色んな妄想を楽しんで来た訳ですが、個人的な楽しみより6名での旅の満足度の最大公約数的判断で旅程を組む必要があるかと思うのです。
移動の快適性を最大限考慮した満足度を高められるコーディネートが必要です。
恨まれない為にもね(苦笑
確かにお互い多少の我慢も必要ですが、気心知れた大人数での旅もそれはそれで違う楽しさも有るってものです。

で、こんなアウトラインです。
仕事を終わらせた日曜の19:30頃自宅発。車で羽田まで。
日付が変わる頃にデルタ便で羽田発LAXに。
LAからサンディエゴに行くのですが、この区間はレンタカー。今回は都合ミニバンのレンタルですね。
LAで一泊。
そしてサンディエゴ近くのビーチに一泊。
サンディエゴからベガスへの移動は当初レンタカー移動を考えたのですが、例の最大公約数的判断からsouthwest便での移動としました。一人$69なり。
ベガスに夜着後はダウンタウンに1泊。後の2泊はマンダレーベイに。

例年11月中旬は、ベガスのホテルはかなり安い提示金額なんですが、今回の旅程の10月後半はいつもよりお高い提示金額でした。
例えばパリスで一泊¥19000。ベネチアンで¥34000程(それぞれ税リゾートフィー込で)と例年の2倍弱の提示。totalrewardsのコンプ提示は1部屋のみ無料。但しリゾートフィーは有料と、こちらは例年とおりの提示でした。
平日ですので中規模コンベンションがたてこんでいるのかもと想像する次第です。
中心街から少し離れた安いところは相変わらず安くて税リゾートフィー込で¥5000位の提示です。
私だけなら例によってストラトスあたりに決めるところですが、折角のベガス。
初ベガスの方の事を思うと、多少のゴージャス感も演出したいですよねえ。
そんな訳で、苦肉の策からマンダレー2泊としましたよ。(理由は不明ながら,意外にも一泊¥15000程とパリスやプラネットより安いのは割安感大。コンプ提示を捨てる判断の後押しとなりましたよ。)

そんな感じに決定です。
P1030260.jpg

写真は昨年シアトルの航空博物館にて。本文とは関係なし。
comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://na1800.blog96.fc2.com/tb.php/193-6cae3fdc
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top